前へ
次へ

女性特有の病気は専門の医療機を受診しよう

30代後半から、40代ぐらいの年齢に入ると更年期の年代に入るので、子宮筋腫や卵巣嚢腫、子宮がん、乳がんなどの女性特有の病気に罹りやすくなります。下腹部の痛みや不正出血が続いたり、乳房にしこりやただれなどが見られる場合は、婦人科や乳腺外科などの医療機関を受診することが大事です。婦人科系の病気は通院をためらっている人も多いですが、医療スタッフは慣れているので、恥ずかしさを感じる必要はありません。婦人科や乳腺外科のクリニックでは、内診や視診、マンモグラフィー検査、超音波エコー検査などが受けられます。子宮がんや乳がんなどの病気は誰でも罹る可能性があるため、気になる症状が見られる場合は、若い年代の人も早めに精密検査を受けて下さい。なるべく自覚症状がない時期から、定期的にがん検診を受けることが大事です。地元で評判の高い婦人科や乳腺外科では、最新の医療設備が整っているので、体に負担の少ない検査が受けられます。病気を早期に発見することで、治療期間を短くしたり、費用を抑えることも可能です。

Page Top