前へ
次へ

医療技術の進歩には日々続いています

20世紀の時代から今日まで化学技術の進歩が目覚ましく、医療における進歩も躍進的になりました。先進国となれば乳児の死亡率はゼロ近くまでなっており、出産時における母体の生命維持もほぼゼロまでになって来ています。またテレビや映画で人気だった石原裕次郎さんが動脈瘤にかかり、相当な治療を終えたことは多くの人の記憶に残っていると思われます。ですがこの病気も早期発見出来るようになった上、死亡確率も相当下がるまでになっています。心筋梗塞や脳梗塞と言った病気、更にはガンにおいても死亡する確率は相当少なくなって来ています。病気の早期発見には、患者さんが早めに病院にかかることが大切なことになります。そのためある年齢になった時から、定期的に診断を受けることが最良の方法と考えられます。医療技術が進んだ現在では、多くの病気を治すことが出来る時代になりました。医療技術の進歩は、手術の方法においてもたくさん行われるようになっています。腹腔鏡手術とロボット手術などが多く行われることで、患者さんの肉体的疲労を少なくすることが出来るのも大きな進歩と言えるのでしょう。

Page Top