前へ
次へ

明るい生活と日本の医療の未来に関して

病は気からと言いますが、何事も前向きに考えることで病気になる確率が少なくなります。今や二人に一人ががんと診断される時代ですが、考え方を変えると発症率も下がるのではないでしょうか。日本の医療制度は世界でもトップの水準ですし、がんが減ると医療火の抑制にも繋がるはずです。更に気を付けたいのが、食事と運動ではないでしょうか。バランスの良い食事と適度な運動を心がけることで、体重がコントロール出来て生活習慣病のリスクが減ります。既に医療機関においても推奨されていますが、減塩のメニューも効果的ではないでしょうか。40歳を超えると基礎代謝が落ちますし、肥満の傾向が出てしまいます。細心の注意が求められますし、それが出来る方は長生きするのではないでしょうか。また、掛かり付け医を持っておくのも重要です。自分の身体を知ってくれている医師がいると、安心感は増すはずです。病気の早期発見にも結び付きますし、大学病院の混雑防止にもなります。

Page Top