前へ
次へ

医療費の控除はどのようなものであるのか

医療費控除というのがあります。これは一定額以上の医療費を年間で支払った時に納めた税金が戻ってくるということになるわけです。全部というわけではありませんがとにかく医療控除というのを受けることによって少なからず自分に利益があるわけですからその点はよく認識しておいた方が良いでしょう。但し、これには確定申告が必要になります。確定申告をしないと会社員であろうとも還付されるということはありませんのでやや面倒臭いと言われる部分がここにあるわけです。しかし手続きは一度慣れてしまうとたいしたことではないとも言えるようなレベルのものですから安心して実行することができます。医療費控除の対象になる金額というのは、10万円、と聞いたことがある人が多いでしょう。しかし、それはダイレクトにその金額ではなく、支払った料金から補填された額と10万円を差し引いた金額となります。そして、上限は200万円となっています。しかし、これは総所得によって条件がやや違います。

Page Top